ピアノには大抵3本のペダルがついています。

足で踏んで操作しますが、その役割は意外に知られていません。

 

一般的にペダルの操作という時は、右のペダルを指します。ダンパーペダルと言って、グランドピアノでもアップライトピアノでも共通した効果があります。

 

左と真ん中のペダルは、グランドピアノとアップライトピアノでは効果が異なります。これらのペダルは高度な曲でない限り使用しませんから右ペダルの使い方を覚えることが最優先となります。

 

ダンパーペダルは踏んでいる間に弾いた音すべてが響く効果があります。
指で鍵盤を弾いてつなぐことができない音をペダルでつなげたり、個々の音や和音を響かせて、音楽をより美しく表現できます。

 

多くの人がペダルの正しい使い方を習得できていない、またはペダルの使い方を間違っていることに気づいていないことがあります。
ペダル操作をきちんと習得しないと、美しい音を出すことはできませんから、基礎的な練習を行うことはとても重要です。

ペダルの使う時の姿勢

ペダルの使う時の姿勢は、右足の親指と人差し指の付け根から少し足の内側部分がペダルの手前3分の1あたりに乗るようにします。ペダルの手前部分が少し広くなっていますが、ここに足を乗せるようにします。

 

足のつま先で浅く踏んだり、逆に足のもっと内側で深く踏むと、ペダルが押されていて音が濁ったり、きれいに音が伸びないなどの問題が発生します。

 

足のかかとは、必ず床につけておきます。身長の小さい女性などはかかとが床から離れていしまうことが多いようですが、練習をして正しい姿勢でペダル操作をするようにしてください。

 

ペダルを踏むときはグッと踏み込んで、上げるときも一瞬でサッと元の状態に戻します。ちなみに左足は床に足裏全体をつけておきます。左足と右足のかかとで体を支えている感覚を感じられれば、安定した演奏が行えます。